プロテオグリカンの膝関節、軟骨への効果とは?

北国の恵みのプロテオグリカン2型コラーゲン成分は鮭

プロテオグリカンとは?プロテオグリカンに期待されている効果の中で、膝等の関節や軟骨に対しての事ついて、

プロテオグリカンってあまり良く知らない!って方にもイメージできるようにできるだけ分かりやすくまとめてみました。

プロテオグリカンは、「皮膚の保湿」や「新しい細胞を作り出す」等の働きをしている成分です。

コラーゲンやヒアルロン酸とともに細胞外基質を構成する保水性に優れた成分で、肌の保湿やハリに良い、とされています。

このように、美容に関する効果からサプリメントや化粧品が多く作られていますが、

関節における軟骨においてはクッションの役割をする軟骨の成分そのものであり、膝の痛み等への効果が期待されています。

魚のサケの鼻軟骨から効率よく抽出できる技術によって、化粧品やサプリメントの原料として使われるようになりました。

 

プロテオグリカンは軟骨を構成する成分

 

軟骨の成分は、約70%が水分で、次にII型コラーゲン、プロテオグリカンの順で構成されています。

ふしぶしの健康を考えた時に、プロテオグリカンを成分として配合されたサプリメントがすり減った膝関節の軟骨を増やす効果が大変期待されています。

出典→「北国の恵み」480円10日間お試し購入
鮭、サケの鼻軟骨から抽出する技術が確立されたために、プロテオグリカンはひざ関節の痛み改善や軟骨を増やす効果が期待されるサプリの成分として配合されています。

プロテオグリカンは、II型コラーゲン中に存在し、その保水力の高さから、軟骨がその役割を果たすのに非常に重要なクッションとして働いています。

ひざの痛みで苦しんでいる方は、軟骨がすり減っているため、クッション機能が果たされなくなってきているため、と言われています。

その為に膝や関節の痛みで一番多い、とされています変形性膝関節症ではヒアルロン酸注射などが行われたりしています。

しかし、ヒアルロン酸は直接塗ったり注入する事で効果を発揮しますが、経口摂取には向いていないという口コミもあり、

同じ軟骨そのものの成分でも、クッションの役割をして、経口摂取での効果が期待されるプロテオグリカンのサプリメントが膝や関節の運動時の痛みなどで健康を気にされるている方に注目されています。

 

軟骨がすり減る事と軟骨細胞、プロテオグリカンの減少との関連性

 

軟骨がすり減る、という事は軟骨の成分である、II型コラーゲン、プロテオグリカン、ヒアルロン酸が減少する、というイメージで理解すれば良いのでは?と思います。

プロテオグリカンやII型コラーゲン、ヒアルロン酸は、軟骨の細胞から作られます。

加齢によって、又変形性関節症を発症した軟骨組織では、軟骨細胞数が減少していきます。

それに伴って軟骨細胞から作られるプロテオグリカンの数も減少し、クッションが減少するために、軟骨がすり減りっていきます。

軟骨がすり減っていく事が原因で、それを補充するためにグルコサミンやコンドロイチンを成分として配合されたサプリメントが多く商品化されていますが、

それでは、これらとプロテオグリカンとの違いはどこにあるのでしょうか?

 

グルコサミンとプロテオグリカン

 

軟骨や関節、ひざの健康にも良いとされる成分でサプリメントにも配合されているグルコサミンやコンドロイチン。

これらとプロテオグリカンとはどういう関係なのでしょうか?

グルコサミンには軟骨を再生したり修復したりする効果があると考えられていますが、実際に軟骨を作っているのは、実はプロテオグリカンです。

そこで、グルコサミンのサプリメントで膝や関節にイマイチ効果を実感できなかった方を中心に、より軟骨成分直結であるプロテオグリカンのサプリメントが昨今注目されてきています。

グルコサミン・・・プロテオグリカンの一成分

プロテオグリカン・・・軟骨を構成している成分

 

コンドロイチンとプロテオグリカン

 

コンドロイチンはプロテオグリカンの中の一つ種類で、グルコサミンから作られています。

コンドロイチンには直接軟骨を作りませんが、軟骨の分解を抑制して、軟骨に水分を保つという大切な役割、つまりプロテオグリカンの役割そのものを持っています。

そこで、グルコサミン同様の理由で、コンドロイチンのサプリメントでふしぶしの健康にマイチ効果を実感できなかった方には特に、プロテオグリカンの効果が注目されてきています。

コンドロイチン・・・プロテオグリカンの一種

プロテオグリカン・・・軟骨を構成している成分

 

プロテオグリカンはどこから抽出されるのか?

 

プロテオグリカンは鮭(サケ)の軟骨から抽出されます。


プロテオグリカンは、II型コラーゲン中に存在し、その保水力の高さから、ひざ等の関節をつくる軟骨がその役割を果たすのに非常に重要なクッションとして働いています。

この技術が確立されてからより容易に安全に、そして安価にプロテオグリカンがサプリメントの成分として配合できるようになり、ふしぶしへの健康へ期待が寄せられるようになりました。

青森県で鮭を頭から丸ごと食べるお婆ちゃんがいらっしゃって、歳を重ねても大変元気でいらっしゃる、という話は大変有名です。

出典→http://proteoglycan.jp/archives/1958

先程の出典でご紹介した「北国の恵み」というプロテオグリカンサプリメントは、北海道沿岸で捕獲されるサケの鼻軟骨から抽出したプロテオグリカンとII型コラーゲンを成分として配合されています。

 

プロテオグリカンの膝関節、軟骨への効果 まとめ

 

プロテオグリカンやII型コラーゲンは軟骨の成分そのもので、グルコサミンやコンドロインチンはその一部である点が大きな違いです。

プロテオグリカンは関節注射等で有名なヒアルロン酸と比較して経口摂取でも大きな効果が期待できる、という口コミがあります。

プロテオグリカンサプリメントは軟骨の成分を増やして膝関節痛等を軽減する効果が期待されています。

プロテオグリカンは鮭、サケの頭に多く含まれています。

 

プロテオグリカン膝関節軟骨の記事一覧