プロテオグリカン減少と膝関節痛

プリテオグリカンは関節軟骨を形成する成分そのものです。

関節軟骨は大半が水分ですが、その他の部分はプロテオグリカン、2型コラーゲン、ヒアルロン酸でできています。

年齢を重ねるに従ってとっても悩ましい膝関節の痛みとプロテオグリカンの減少についてまとめています。

 

膝関節の痛みの原因とその初期症状は?

膝関節が痛む原因は長年の負担によるクッションの摩耗と考えると分かりやすいでしょう。

立つ、座る、歩くなど、日常の動作で膝は休むことなく働いています。

また、膝には歩行時には体重の2~3倍の荷重がかかります。

膝痛の原因の一つに体重負担があります。

40代、50代から太り出した方は膝関節の摩耗のスピードを挙げている可能性がありますね。

こうした負担が長年積み重ねることで、まるでタイヤがすり減るように、関節軟骨がすり減っていきます。

すると、関節軟骨のクッションが弱まるため、膝を動かしたときに違和感や痛みを感じるようになります。

トラブルの多くは、関節軟骨の摩耗による「変形性膝関節症」という疾患です。

変形性膝関節症は、いきなり激痛を感じるものではありません。

気づかないうちに徐々に徐々に少しずつ進行していきます。

最初に症状がでるのは、「動き始め」の時です。

たとえば、朝、目覚めて起きあがるときや、長時間座っていて歩き始めるときなどに、違和感や痛みを感じます。

症状が進むと、だんだんと骨と骨の間が狭まっていきます。

さらに、骨同士が直接ぶつかり合うようになり、痛みも激しく、膝の曲げ伸ばしにも支障が出てきます。

さらに進むと関節の変形がわかるほどになってきます。

 

プロテグリカンの減少とプロテオグリカンサプリ

膝関節の痛みがクッションの摩耗、関節軟骨の減少で骨と骨が直接擦れるようなイメージで理解できます。

想像しただけでも痛そうですね。

関節軟骨の減少はすなわちプロテオグリカンの減少でもあります。

そこで、プリテオグリカンをサプリに結集させてもので効率的に補充しようという事が注目されてきました。

グルコサミンに代わるもの、又は、グルコサミンで満足できなかった方から評価を得ているのがプロテグリカンサプリです。

 

送料込み480円で10日間お試しができるプリテオグリカンサプリはこちら。