プロテオグリカンとグルコサミンの違いは?

膝痛関節痛の良いとされ予防の為に食されている健康食品の成分には、グルコサミン、コンドロイチン、プロテオグリカン、2型コラーゲン等があります。

加齢によって軟骨がする減る事で膝に痛みが現れます。

軟骨がする減る事を予防するために軟骨の成分をサプリメントで補おう、という事で多くのサプリメントが発売されています。

プロテオグリカン、2型コラーゲンは軟骨を形成する成分そのものです。

これに対しグルコサミン、コンドロイチンはプロテオグリカンや2型コラーゲンを形成する部品、と考えられています。

この点が、グルコサミンとプロテオグリカンの違いです。

プロテオグリカンとグルコサミンの違い。http://xnqckap0lxdcb.biz/?page_id=94/
 

大正グルコサミンサプリの特徴は?

大正グルコサミンは大正製薬が発売してる知名度も実績もあるグルコサミンサプリです。

特に大正グルコサミンシリーズでから発売されているパワープラスは、グルコサミン量に加えて、筋肉成分も含まれているのが特徴です。

1日目安6粒、プロテオグリカンサプリと比較して多いです。

サントリーのグルコサミン&コンドロイチンの特徴は?

サントリーのグルコサミンサプリは注目のポリフェノール成分、「ケルセチンプラス」が配合されているのが特徴です。

「ケルセチンプラス」とグルコサミン、コンドロイチン(水抽出物)の組み合わせでサントリーは特許を取得しているものです。

1日目安6粒、というのがプロテオグリカンサプリに比べて多いです。

サントリーロコモアの特徴は?

サントリー ロコモアの特徴は、軟骨成分だけでなく筋肉成分も含んでいるという点です。

こちらも1日目安6錠です。

やわたの国産グルコサミンの特徴は?

テレビでのCMや船越英一郎さんで有名なやわたの国産グルコサミンの特徴はグルコサミンが主成分のサプリなのですが1日目安3粒で良い点です。

価格的に一番お手頃価格になっています。

美健知箋 活グルコサミン&コンドロイチンの特徴は?

佐藤製薬の美健知箋シリーズ「活グルコサミン&コンドロイチン」の特長は、グルコサミン、コンドロイチン、MSMの3つが配合されている点です。

*MSMとは?

体内で酵素や抗体、軟骨、コラーゲン、毛髪、皮膚を作るのに必要な物質です。

1日の目安も4粒におさめています。

小林製薬のグルコサミン&コラーゲンセットの特徴は?

小林製薬のグルコサミン&コラーゲンセットの特徴は、グルコサミンが1日で1760mg摂れるところです。

1日目安7粒、というのはプロテオグリカンサプリに比べて多いです。

キューピーのヒアルロン酸&グルコサミンの特徴は?

キューピーのヒアルロン酸&グルコサミンの特徴は、ヒアルロン酸、グルコサミン、コンドロイチンが配合されているところです。

その含有量も特長で1日の目安は5粒です。

 

 

膝関節サプリプロテオグリカン人気記事